OLYMPUS OM-1のシャッター幕が完全に戻らない不調が発生した

思い切って分解してみた・・・が!?


長年オリンパスOM-1を使用していまして、現在でもプリント前提の場合はデジタルカメラでは無くこちらを使用することが圧倒的に多いのです。
長年使用ってことで、少しずつ集めた交換レンズやらワインダーやらのアクセサリーをソコソコ持ってることも大きいのですが、ダイレクトな使用感が「使って楽しい」のですよ。
(これはクルマにも言えるんですけどね)

さて、久しぶりに引っぱり出して使おうとしたら、巻き上げの感触が変です。
巻き上げ一回でシャッターがチャージされません(OM-1は巻き上げレバーでシャッター幕駆動用のゼンマイをチャージします<同時代のホンダ・ロードパルのスターター的)。

チャージされないのでもう一度巻き上げると、巻き上げ途中でレリーズされてしまいます。
裏ブタを開けてシャッター幕を確認すると中途半端な位置で止まっています。

しつこく巻き上げとレリーズを繰り返していると正常に作動しだしたので、しばらく放置していたのでどこかの動きが渋くなっただけだろうと一安心したんですが、暫くするとまたシャッター幕が中途半端な位置で止まっています。
ついに全く正常な動作はしなくなりました。


このOM-1というカメラは他のメーカーの一眼レフカメラに比べれば極めてマイナーな気がするんですが、反面熱心な愛好家の多いカメラらしくWebで検索すると結構な数の故障例やその対策がアップされています。

そこであちらこちらのサイトを参考にしながら上下のカバーを外し動作をチェックしてみました。

これでトラブルの原因を発見!となれば良かったのかもしれませんが、目視できる範囲でのギアの摩耗や固着は無いようです。
これは困りました。(この時点で部品に問題ないんだから、むしろ良いことのハズなんですが)

巻き上げレバーを微妙に操作し、シャッター幕を定位置にセットできればレリーズボタンでレリーズできるので、シャッタースピードをバルブにして、シャッター幕を開けっぱなしにして、シャッター幕の走路のモルト(遮光用のケバケバ)を確認してみます。
以前、上の走路のモルトが脱落してむしり取ったことがあったんですが、下のモルトはノーチェックでした。

確かに下の走路のモルトがベタベタしています。
燃料用アルコール(値段が安いので洗浄、脱脂用に常備しています)で清掃しながらむしり取れたモルトは取ってしまいます。
ついでにCRC-556を面相筆で極少量塗布して、チャージ&レリーズを繰り返すと・・・正常になりました!

シャッタースピードが正確かどうかは不明ですが、とりあえず再び使えそうです。

半日かけて上下の蓋を外して組み直したのは、無駄な努力でした。
ザックリ言うと、
シャッター幕が定位置に戻らないトラブルが発生したら、裏ブタ開けてシャッター幕の走路のモルトの腐食(粘つき)を疑え!
ということですね。


せっかく分解したんで記念写真です。


OM-1はペンタプリズム周辺のモルトが腐食して、プリズムの蒸着が侵されるという持病があるようですが、このモデルにはペンタプリズム周辺にモルトが使用されていないので綺麗なものです。


このシリアルナンバー近辺、あるいは以降のモデルであればモルト腐食によるプリズムの不良の心配は無いのかもしれません。


ファインダーもちょっとゴミ入っているくらいで綺麗なもんです。
露出計の反対側(右下)に斜めの線が見えますが、これはOM-3Ti用のスクリーン(2-13)(OM-1の標準品と比べると無茶苦茶明るい)を無理矢理取り付けた際に入った傷です。
(スクリーンが完全にはまっていない状態でワインダーを作動させたら、ミラーボックスのなかでスクリーンが大暴れ)


自転車のサドルバッグに入れて砂利道を走ったり、何度もモトクロスの写真を撮りに行ったりと相当乱暴に使い続け、30年以上一度もオーバーホールしていないカメラですが、ゴミやサビの一つも見つからないとは、実は相当にタフなカメラなんでしょうね。


何年も付けっぱなしにしていたアクセサリーシューを外したら、シューとカメラ本体との接触面のゴムが劣化してボロボロになっていました。
残念なことにカメラ側にも跡が残ってしまいました。

今回はカバーを外す為にシューを外しましたが、シューが何年も付けっぱなしなら、そのまま外さない方が幸せなのかもしれませんね。
(必要なときだけシューを取り付けるのがベストだとは思う)


何の脈絡もないんですが、OM-10のマニュアルアダプターが手元にあるんで、2.5mmのマイクロプラグの抵抗値を測定してみました。
(手持ちのサーキットテスタでは2000kΩ以上の抵抗値は測定できませんでした。
また、JISをとっていない安物のデジタルテスタなので実測値も正確ではないと思います)

シャッター速度(S)実測値(Ω)市販品の抵抗器(Ω)
1/10007.53k7.5k,8.2k
1/50015.15k15k,16k
1/25030.2k30k,33k
1/12560.4k62k
1/60121.5k120k,130k
1/30247k240k
1/15494k470k,510k
1/8987k1000k
1/41938k--
1/2計測不能--
1/1計測不能--


OM-10を持っていて、マニュアルで使いたいけどマニュアルアダプターが入手できないといった場合には、アダプターの相当品を自作するというのも面白いかもしれません。

back


home | slotracing cares | display modeles | figure modeles | tec files | event | bbs | link
_